進化をし続けるプリウス

  • 投稿日:
  • by

プリウスは1997年に販売されて以降、燃費向上のために様々な新技術が投入されて、モデルチェンジごとに進化している車です。装備の割に値段が手ごろで、現在でも新車・中古車ともに人気が高く、国内のハイブリッドカーのシェアの大半を占めています。

プリウスのデザインは近未来的でおしゃれであると評判で、インテリアの質感も高く、キャビンも広々としています。動力性能では、エンジンの半分がモーターであるため、静粛性が非常に高く、衝撃を抑えた滑らかな走りが特徴的です。

また、他メーカーではオプション扱いとなるようなカーテンシールドや、側面衝突対応SRSエアバッグが全車標準装備となっており、安全性能が高いことも評価されています。日本は信号など加減速が必要となる場面が多く、どうしても燃費がかかりやすいですが、プリウスは信号待ちの時にエンジンが停止し、発進もモーターのみで走行します。

そのため燃費が大幅に向上し、日本の道路状況に合ったハイブリッドカーであると評価されています。しかし、本体価格を燃費の差で埋めるためには長い年月が必要ですので、節約のために購入することはお勧めしません。

トランスミッション 故障